スバル、新型 クロストレック 搭載のプラグインハイブリッドシステムを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019

スバル・クロストレック・ハイブリッド
スバル・クロストレック・ハイブリッド全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展、米国で発売中のPHEV『クロストレック・ハイブリッド』に搭載する先進安全技術や環境技術などを紹介する。

クロストレック・ハイブリッドは、2.0リットル4気筒水平対向直噴エンジンと、2つのモーターを組み込んだリニアトロニック(CVT)、シンメトリカルAWDを組み合わせた、スバル初のプラグインハイブリッド車。スバルグローバルプラットフォームを採用し、安全性能と、操縦安定性や乗り心地などの動的質感を両立させるとともに、衝突時のバッテリー保護性能も高い次元で確保している。

ブースでは、クロストレック・ハイブリッドに搭載しているプラグインハイブリッドシステムについて、パワーユニット+トランスミッションのカットモデル、パネル、動画で紹介する。

また、同時開催される試乗会では、e-BOXERを搭載する『XV』の魅力が体感できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • STIギャラリー全館リニューアルオープン
  • STIギャラリー
  • スバルの米国販売1000万台目となったインプレッサ
  • スバル・レガシィ/アウトバック(米国仕様)新型
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/17/322414.html/article/2019/05/17/322413.html/article/2019/05/17/322415.html