VW ゴルフ 新型に48Vマイルドハイブリッド、1.0と1.5リットルエンジンとの組み合わせに

VW ゴルフ 新型の48Vマイルドハイブリッドパワートレイン
VW ゴルフ 新型の48Vマイルドハイブリッドパワートレイン全 4 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは5月16日、新型『ゴルフ』(Volkswagen Golf)のパワートレインを発表した。新型には、48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用される。

ゴルフは、フォルクスワーゲンの主力車種だ。新型ゴルフは8世代目モデルとなる。2019年、フォルクスワーゲンは複数の新車を発表する予定だが、そのハイライトのひとつが新型ゴルフになる。

新型ゴルフには、新開発のマイルドハイブリッドシステムが搭載される。欧州で導入車種が拡大している48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用する。新型ゴルフでは、エンジンに48Vのベルト一体型スタータージェネレーターと48Vのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。高速道路など低負荷走行時には、エンジンを停止し、惰性走行することが可能。これにより100km走行あたり、燃料を最大0.4リットル節約する。

また、このマイルドハイブリッドシステムは、始動時に電気的ブーストをかけ、駆動トルクを増加させる小型軽量な発電機として機能する。これは、エンジンをスムーズに始動させるのが狙いだ。さらに減速時には、スタータージェネレーターはバッテリーに電力を蓄える機能も果たす。

なお、フォルクスワーゲンは新型ゴルフの48Vマイルドハイブリッドについて、欧州での発売当初は排気量1.0と1.5リットルエンジン、デュアルクラッチトランスミッション(DSG)との組み合わせになる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW ゴルフ TDI
  • フォルクスワーゲン、ゴルフファミリーにTDIモデルを投入
  • VW ゴルフ GTI 次期型 スクープ写真
  • 左から白馬村長の下川正剛氏、白馬村キャラクターのヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男三世、日本EVクラブ代表理事の館内端氏
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/18/322445.html/article/2019/05/18/322444.html/article/2019/05/18/322446.html