磁気マーカシステムについて愛知製鋼が解説予定…人とくるまのテクノロジー2019

愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

愛知製鋼は、5月22日から24日まで、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に、同社が出資している先進モビリティと共同出展すると発表した。

ブースでは超高感度磁気センサ「MIセンサ」を用いた安全・安心な自動運転支援技術「磁気マーカシステム」について映像や模型、動くジオラマなどでわかりやすく紹介する。

また、2017年度から参画している国土交通省や内閣府の国家プロジェクト、羽田空港、JR東日本BRTでの実証実験も紹介し、システムの高い有用性と信頼性をアピールする。超高感度MIセンサについてパソコンでデモも実施する。

自動運転開発のベンチャーである先進モビリティが取り組んでいる、後続車無人隊列走行システムについても展示する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • 実証実験で使用する自動運転バス Photos by ALL NIPPON AIRWAYS CO.,LTD.
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ