トライアンフを乗りこなせ…第2回ライディング・アカデミー 6月22日に開催

第2回トライアンフ・ライディング・アカデミー(TRA)
第2回トライアンフ・ライディング・アカデミー(TRA)全 6 枚写真をすべて見る

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、6月22日に千葉県袖ケ浦フォレストレースウェイにて、第2回トライアンフ・ライディング・アカデミー(TRA)を開催する。

TRAは、初めてサーキットを走る人、初級、中級者を対象に、一般道やサーキットでのライディング技術向上と、安全に、かつ安心して走るためのライディングテクニックを習得することをコンセプトにした講習会。自分が乗っているトライアンフが一体どういう性質なのか、どうすればもっとうまく操れるのかを実技講習などを通じて、より一層理解し、ライディングテクニックを習得する。

講習内容は、座学、パイロンコースを利用した実技講習、サーキット走行など。まず、サーキットの駐車場に設置したパイロンコースで実技講習を行い、その後にサーキットコースを走行。その後も、駐車場での講習とサーキット走行を繰り返し行って練習する。実践的な練習を繰り返すことで、オートバイを操るテクニックを身につけることができる。講師は、国際ライセンスプロレーサーで、ジャーナリストの戸田隆選手。

参加資格は、トライアンフの『ストリートトリプル』、『スピードトリプル』、『デイトナ』等、ロードスター系のオーナー、およびトライアンフに興味のある人。イベント参加車両はトライアンフ車両のみとなるため、当日は試乗車として2019年よりmoto2クラスにエンジン供給が始まったトライアンフ製3気筒エンジン搭載のストリートトリプルをレンタル料金1万円で用意する(5台限定のため抽選)。

また、当日はフルフェイスヘルメットやライディングブーツなど、サーキット走行に適したウエアや安全装備が必要だが、サーキットに不慣れな人や革ツナギなしでも、先導車付きでサーキット走行ができる。サーキット走行に適した革ツナギがある場合は、フリー走行も可能。このほか、サーキット内でのレーススタート疑似体験、サーキットコース内での写真撮影会、講師陣を交えての昼食会、講習中の写真によるフォームチェックなどがある。

申し込みは専用ウエブサイトから。参加料金は1名あたり2万3800円で、定員は30名。申込み締切は、6月14日もしくは定員に達した場合となる。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ