モビリティやロボットに脳科学を応用 ホンダと脳情報通信融合研究センターが共同研究を開始

イメージ 《写真AC》
イメージ 《写真AC》全 1 枚写真をすべて見る

ホンダ(本田技研工業)は5月20日、研究開発子会社である本田技術研究所が、脳情報通信融合研究センター(シーネット)と共同で、脳科学を用いたモビリティー・ロボティクス領域におけるヒト研究を開始したと発表した。

自動運転技術の進展、モビリティやロボティクスのサービス化など、モビリティ・ロボティクス領域を取り巻く環境は大きく変化しており、ヒト研究の重要さは今まで以上に高まっている。

ホンダは2019年4月、移動と暮らしにおける価値の革新的進化と創造を担うことを目的に、先進技術研究所を本田技術研究所内に新設。今回、この先進技術研究所が中心となり、ヒトとモビリティ・ロボティクスの係わり方について、シーネットと共同研究を進める。

具体的には、ドライバーとクルマが一体化したような運転操作感や、最適なヒューマンマシンインターフェース(HMI)などを、脳科学を用いて解明し、より安全・安心で快適なモビリティー・ロボティクス技術開発の基準作りを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 熊本県津奈木町、7月7日
  • ホンダ・シビックタイプRリミテッドエディション
  • もてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2019」の模様。
  • ホンダ・シビック(中国仕様)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ