ジャガー世界販売3.2%増、E-PACE が3割増と貢献 2018年度

ジャガー E-PACE
ジャガー E-PACE全 6 枚写真をすべて見る

ジャガーカーズ(Jaguar Cars)は5月20日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は18万0198台。前年度比は3.2%のプラスだった。

車種別の2018年度実績では、SUVの『F-PACE』が5万0900台を売り上げ、最量販モデルに。ただし、前年度比は18.7%減と落ち込む。

F-PACEに続いたのは、小型SUVの『E-PACE』だ。2018年度は4万5000台を売り上げ、前年度比は30.3%増と伸びている。EVの『I-PACE』は、前年並みの1万4500台を販売した。

乗用車系では、『XE』が前年度比1.4%減の3万0700台、『XF』が17.2%減の2万4500台、『XJ』は4.8%減の4200台。スポーツカーの『Fタイプ』は、1.5%減の7700台を販売している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー Fタイプ スクープ動画
  • ジャガー Fタイプ カブリオレ 次期型スクープ写真
  • ジャガーの Go I-PACE アプリ
  • ジャガー E-PACE KEI NISHIKORI EDITION
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/21/322559.html/article/2019/05/21/322558.html/article/2019/05/21/322560.html