QRコードでホームドアの開閉を制御…都営地下鉄が10月から導入へ

QRコードを用いたホームドア開閉システムの概要。QRコードにはドア数や編成両数といった情報が収められている。
QRコードを用いたホームドア開閉システムの概要。QRコードにはドア数や編成両数といった情報が収められている。全 1 枚写真をすべて見る

愛知県阿久比町(あぐいまち)に本社を置く株式会社デンソーウェーブは5月22日、新型QRコードを用いたホームドアの開閉制御システムが都営地下鉄に初めて採用されたことを明らかにした。

このQRコードは東京都交通局と共同開発した「tQR」と呼ばれるもので、ホームドアの上部に設置された開閉制御システムが、車両のドアに貼られたラベルにプリントされているQRコードの動きをスキャニングして開閉を行なう。

従来のホームドアでは、車両側に通信制御機器の設置など大規模な改修を要していたが、この方式ではQRコードのラベルを貼るだけで済むほか、車両側のドア操作のみでホームドアの開閉を連動させることができることから、停車時間の延びを抑制することが可能となり、導入コストや工期の縮減にもつながるという。

tQRの実証実験は2017年11~12月に都営浅草線大門駅(東京都港区)で行なわれており、今年6月8日の終電後からは新橋駅(東京都港区)2番線ホームを皮切りに工事が始まり、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までに大門・三田・泉岳寺の各駅にも導入する計画。

新橋駅では今年10月頃から運用を開始する予定としており、2023年までに都営浅草線全駅での導入を目標に工事が進められる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。

ピックアップ