バスもOK、サイズを選ばない移動式リフト…オートサービスショー2019

株式会社アイペックが紹介するイタリア・ラバリオリ社製の移動式大型車用リフト。
株式会社アイペックが紹介するイタリア・ラバリオリ社製の移動式大型車用リフト。全 7 枚写真をすべて見る

オートサービスショー2019の会場で、観光バスがリフトアップされていてひときわ目を惹いていた。株式会社アイペックが紹介するのはイタリアのラバリオリ社製移動式大型車用リフトだ。

近年都市間の移動手段として、夜行バスも活況を見せ、また、物流を担うトラック業界もめまぐるしい変化の波にもまれている。そんな中、この移動式大型車用リフトは、新興の企業はもとより、大手のバス会社や物流関係の企業、メーカーなど、すでに多くのユーザーに納められているファンの多いアイテムだという。

アイペックの担当者は「設置工事や、ピット工事などが一切必要ないのがまず喜ばれます。導入までのハードルがとても低いのだと思います。また、移動式リフトは、1柱7トンまでの能力のあるリフト4柱セットで使用することになりますが、1柱それぞれの移動は油圧けん引ジャッキ付きなので作業には一人で当たることができます。限られた人員で回されている整備現場などでもとても重宝されますね」と話す。

28トンのクルマまでリフトアップして作業することができ、バス会社ではサイズの違う複数のバスに対応できることも好評だそうだ。またタイヤのサイズが小さなクルマ用にはアタッチメントが用意されている。

基本は4柱のリフトをワンセットで使用するが、6柱や、最大で8柱での組み合わせで使用することも可能だという。また、動力にはコードで電源を引き使用するが、専用バッテリーで充電しておいて使用するワイアレスタイプもある。

《中込健太郎》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 板金修理を手掛ける工場でよく見かける照明、単に明るくなれば良いというものではない。
  • 大型車用洗車機新型ビッグウォッシャー。高さ4.1メートル、長さ16メートル。基本的に道路を走行できるサイズのクルマはすべて対応可能とのこと。
  • オートサービスショーでは主にボディの磨き関連の商品を展開。
  • オートサービスショーのボッシュブースでは、モータージャーナリストの岩貞るみこさんを招いてトークセッションが開催された。
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/22/322609.html/article/2019/05/22/322608.html/article/2019/05/22/322610.html