明日のインテリア加飾技術…人とくるまのテクノロジー2019

人とくるまのテクノロジー2019
人とくるまのテクノロジー2019全 4 枚写真をすべて見る

自動車の室内加飾。例えばダッシュボード。昔の高級車はウッドパネルと相場は決まっていた。そして庶民派のクルマはというと、安っぽいプラスチックに覆われたものが多かったのだが、未来はそうでもないようだ。

最近でこそ、ハイエンドのクルマでもピアノブラックと称した黒いプラスチックでごまかすクルマも増えていて、インテリアの質感に少し疑問を持っていた今日この頃なのだが、なかなか面白い技術が今回の人とくるまのテクノロジー展で展示されていた。

一つは大日本印刷(DNP)が展示したバックリットフィルムと呼ばれる技術。フィルム背面から照明を当てることで柄や色相を変化させることが出来る光透過の加飾フィルムだということだが、その鮮やかな色彩や表現法には目を奪われた。そもそもディスプレイも優れていたから、多くの人が目を止めたようである。さらには感触フィルムと言って、表面に凹凸をつけて質感を出すフィルムまで用意されるなど、こうした技術が生かされれば、自動車の室内空間はさらに鮮やかでゴージャスなものへと生まれ変わる。

実は似たような技術は南条装備工業株式会社でも展示されていた。ひとつは両面印刷の加飾フィルムで、フィルムの両面にテクスチャを印刷することで、それぞれのテクスチャの重なりによる世界観が表現できるという。ここには、天然素材とは異なる人の発想からしか生まれない新しい表現が可能なのだそうだ。

もう一つはプラスチックにしかできない新たな世界観ということで、プラスチックの透明性を活かし、色や厚みを組み合わせることでこれまでにない奥行き感を表現できるもの。基材層とクリア層の厚みや凹凸を変えることによって、全く新しい世界観を表現した加飾となっていた。目を引いたのはそのクリア層自体に凹凸をつけて、例えば水の流れを表現したり、波紋を表現したりすることが出来ていたこと。その奥にはどれも鮮やかな色彩が敷き詰められていることは言うまでもない。

南条装備工業株式会社はメインクライアントがマツダということで、ディスプレイもマツダ車のドアトリムパネルが展示されていたが、こうした加飾フィルムや重なりによる奥行き感の表現は、そう遠くない将来マツダ車で再現されることになりそうで、自動車の室内が一気に華やいだものになること間違いなしだ。とかく電動技術や自動運転技術などに目を奪われがちだが、こうした技術が投入されることで新たな自動車所有欲も掘り起こして欲しいものである。

《中村 孝仁》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バーチャルスタイリングが楽しめる「リモートファッションコミュニケーションビークル」
  • 触感や温度をグローブを介して、遠隔地で共有できる「3原触モジュール」のデモ
  • 人とくるまのテクノロジー展2019名古屋に出展したNOKブース
  • アイシンとスギ薬局が豊明市の支援の下、「チョイソコ」の事業化をスタートさせた。車両は2台で運用中
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/25/322738.html/article/2019/05/25/322737.html/article/2019/05/25/322739.html