トヨタ スープラ、0-100km/h加速はBMW「Z4 M40i」より速かった!

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ スープラ 新型
トヨタ スープラ 新型 全 5 枚 拡大写真
トヨタはBMWと共同開発し、17年振りに『スープラ』を復活させたが、その兄弟車であるBMW『Z4 M40i』新型より、0-100k/h加速が早いことが「Car And Driver」(C&D)誌の調べでわかった。

この2台の加速には、因縁の数値比較がある。先にワールドプレミアを果たしていた「Z4 M40i」は、0-100km/h加速タイムを4.4秒と発表していた。しかしその後に発表された「スープラ」が4.1秒と発表すると、BMWは「実は3.9秒」と謎の上方修正をしていた。

しかし、C&Dの実験によると、3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載する『RZ』の加速は3.8秒で、M40iより0.1秒早いことが証明されたという。これは、電動開閉ルーフを持つZ4がクーペのスープラより若干重いことが影響していると言えそうだ。

しかしスープラ最大の利点は、65,590USドル(日本では835万円)する「Z4 M40i」に比べ、大幅に安い49,990USドル(同・RZは690万円)という価格かもしれない。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ GR スープラ の2021年モデル(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の2021年モデルのティザーイメージ
  • トヨタ・スープラ新型(欧州仕様)
  • トヨタGRスープラ・ ヘリテイジ・エディション
  • フォード ブロンコ 2ドア 開発車両(スクープ写真)
  • VW アルテオン シューティングブレーク 開発車両(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバースポーツ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ