グリーンスローモビリティの実証調査へ、国交省が実施する自治体を募集

使用予定のEVバス、シンクトゥギャザーeCOM-8(オートモーティブワールド2012)
使用予定のEVバス、シンクトゥギャザーeCOM-8(オートモーティブワールド2012)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は5月22日、「グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業」の公募を開始したと発表した。

時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上の電動パブリックモビリティの「グリーンスローモビリティ」は、環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能で、高齢者の足の確保や観光客の周遊に資する「新たなモビリティ」として期待されている。

グリーンスローモビリティの活用に向けた実証調査を実施するため、実証調査を希望する地方公共団体からの企画提案を募集する。採択された地域に対しては、提案内容に基づく実証調査実施のため、車両「eCOM-8」(定員10人)「ゴルフカート」(定員4人/7人)を無償貸与するとともに、国土交通省が委託する外部専門機関が助言支援する。

公募対象は地方自治体で、申込受付期間は7月5日まで。6~7件の採択を予定している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • スマート EQフォーフォー 改良新型スクープ写真
  • BMW 5シリーズセダン 改良新型(スクープ写真)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/26/322768.html/article/2019/05/26/322767.html/article/2019/05/26/322769.html