BMW 1シリーズ 新型を発表、歴代初のFF駆動に…室内空間が拡大

歴代1シリーズで初の駆動方式FFを採用

先代比でホイールベースは20mm短縮。全幅は34mmワイドに

駆動方式FF化の効果で室内スペースが大幅に拡大

BMW 1シリーズ 新型
BMW 1シリーズ 新型全 22 枚写真をすべて見る

BMWは5月27日、新型『1シリーズ』(BMW 1 Series)を欧州で発表した。新型は3世代目モデルで、8年ぶりにモデルチェンジ。ボディは5ドアハッチバックのみを設定している。

歴代1シリーズで初の駆動方式FFを採用

新型BMW1シリーズでは、ドライビングダイナミクスの面において、プレミアムコンパクトクラスの新たな基準を打ち立てることを目指した。同時に、室内のスペースを大幅に拡大する。

最新のサスペンションセットアップや革新的な技術を採用し、すべてのドライビングダイナミクス関連のコンポーネントと制御システムを統合した。これにより、新型1シリーズでは駆動方式FFとインテリジェント4WDの「xDrive」の両方で、より高い敏捷性を実現するという。

新型1シリーズには、BMWグループのFFモデルから得たあらゆるノウハウを活用する。そのひとつが、電動パワートレイン車のBMW『i3』から導入されているホイール回転数制御システムだ。ダイナミックに加速する際に走行安定性を向上させ、積雪路や濡れた路面での発進時のトラクション伝達も最適化する。この技術のBMWブランドへの採用は、新型1シリーズが初めて。BMWによると、トラクションを大幅に向上させると同時に、非常に敏感で迅速なコントロールを可能にするという。

先代比でホイールベースは20mm短縮。全幅は34mmワイドに

新型1シリーズでは、BMWの個性のキドニーグリルを大型化し、存在感を主張する。オプションのフルLEDライトは、アダプティブ仕様だ。最近のBMW車に見られるシャークノーズを、新型1シリーズも採用する。ボディサイドでは、ウェッジシェイプを強調。リアは、2セクションのテールライトを装備する。オプションのフルLEDリアライトは、スリムなライトエレメントの効果で、新しいLデザインを表現している。テールパイプは、直径が90mm。ホイールは16インチから用意されており、歴代1シリーズで初めて、19インチも選択することができる。

新型1シリーズのボディサイズは、全長4319mm、全幅1799mm、全高1434mm、ホイールベース2670mmだ。先代モデルに対して、5mm短く、34mmワイドで、13mm背が高い。ホイールベースは20mm短い。

駆動方式FF化の効果で室内スペースが大幅に拡大

新型1シリーズでは、室内スペースが大幅に広がる。これは、横置きエンジンと低センタートンネルを備えた新開発のFWDアーキテクチャーの効果だ。BMWによると、とくに後席で、先代モデルよりもはるかに広いスペースを実現しているという。

たとえば、後席の乗員の足元のスペースは、先代比で33mm増加した。オプションのスライド式パノラマサンルーフを装備している場合、後席のヘッドルームのスペースは19mm拡大する。また、トランクへのアクセスがより簡単になり、ラゲッジルームの容量は先代比で20リットル増えて、380リットルを確保した。後席を折り畳めば、最大で1200リットルに拡大する。歴代モデルで初めて、電動テールゲートが選択できる。

欧州仕様車には、自動ブレーキ機能付きの衝突および歩行者警告が標準装備される。これは、ドライバーの死角にいる歩行者や自転車の存在を警告するものだ。アクティブレーンリターン機能付きのレーン逸脱警告システムも標準装備されており、70~210km/hの幅広い領域で作動させることができる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/28/322836.html/article/2019/05/28/322835.html/article/2019/05/28/322837.html