アルピーヌ A110 に高性能モデル登場か…300馬力のシャコタン仕様がニュル爆走

アルピーヌ A110 高性能モデル スクープ写真
アルピーヌ A110 高性能モデル スクープ写真全 10 枚写真をすべて見る

アルピーヌは、ジュネーブモーターショー2018にて『A110』のレーシングバージョンとなる『GT4レーサー』を発表したが、そのロードカー版がニュルブルクリンクに現れた。ポルシェ『ケイマンGT4』やBMW『M2』のライバルとなるか。

レースカーにインスパイアされたオレンジのペイントが施された開発車両は、ボディを1.6インチ(40mm)ローダウン。調整可能なオーリンズショックアブソーバー、ブレンボ製マグネシウムブレーキシステムを装着し、軽量化が図られていると予想される。

パワートレインは、先日『シビックタイプR』のニュルブルクリンクでの記録を破ったルノー『メガーヌR.S.トロフィーR』から流用される、1.8リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載。最高出力6速シーケンシャルトランスミッションと組み合わせ、300ps、最大トルク350Nmのパフォーマンスを発揮する。

ワールドプレミアの場は、7月4日に開催されるグッドウッドフェスティバルと予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/29/322875.html/article/2019/05/29/322874.html/article/2019/05/29/322876.html