世界初のEVホットハッチ「MINI S E」、市販型プロトタイプを激写

MINI S E 市販型プロトタイプ スクープ写真
MINI S E 市販型プロトタイプ スクープ写真全 13 枚写真をすべて見る

世界初のEVホットハッチとなる『MINI S E』市販型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態で初めてカメラが捉えた。

完全露出したフロントマスクには、黄色いアクセントと「MINI Electric」のロゴが付いたクローズドグリルを装着。2017年に公開された『エレクトリックコンセプト』とは異なるヘッドライトユニットやバンパーのデザインが見てとれるほか、フォグランプやボンネットにエアスクープを装備。ボディ右側の充電ポートは後部へ移動されている。


またコンセプトで見られたファンキーなホイールは装着されているものの、スポーティなボディキットは見られず、シンプルなデザインが採用されたようだ。

パワートレインは、BMW『i3 S』から流用されるはずだ。最高出力184ps、最大トルク270Nmを発揮する44.2kWh、120Ahバッテリーパックを搭載し、航続は170kマイル(約274km)程度と予想される。駆動方式はi3と異なり、前輪駆動となる。

ワールドプレミアは、最速で2019年内と予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/31/322957.html/article/2019/05/31/322956.html/article/2019/05/31/322958.html