東京オリンピック・パラリンピックで不足する駐車場---国交省が対策を検討へ

建設工事の進む国立競技場
建設工事の進む国立競技場全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は5月29日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会での駐車場対策を検討すると発表した。

東京オリンピック・パラリンピック大会期間中の輸送対策については、働きかけによる交通需要マネジメントに加え、会場周辺など、重点的に交通を抑制するエリアで、駐車場探しによるうろつきを抑えるための事前予約システム導入や、パークアンドライドの促進などの対策が必要となる。

国土交通省では、東京オリンピック・パラリンピックにおける駐車場対策を官民連携のもとで推進するため「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関する駐車場対策協議会」を設置し、今夏の試行や、テストイベント時も含めた具体的な対策実施に向けた検討や調整を行う。

31日に第1回協議会を開催する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 国土交通省が中小事業者向けITツール活用ガイドブックを作成
  • イメージ
  • ETC2.0データと民間所有データを統合分析し、地域のモビリティサービスを強化する提案の募集
  • 高齢者逆走
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/31/322958.html/article/2019/05/31/322957.html/article/2019/05/31/322959.html