Apple「iOS 13」発表、CarPlay が進化…過去最大のアップデート

Appleの「iOS 13」
Appleの「iOS 13」全 2 枚写真をすべて見る

Appleは6月3日、米国カリフォルニア州サンノゼで開催した開発者向けカンファレンス、「WWDC 2019」において、「iOS 13」を発表した。

iOS 13では、自動車向けのアプリケーション、「CarPlay」が進化した。CarPlayは、車の中で「iPhone」を安全に使うためのアプリだ。運転中、iPhoneで行いたいことを、車載ディスプレイで直接操作できる。「Siri」を利用して、ボイスコントロールで操作することも可能だ。

CarPlayは、iPhoneを車両と接続するだけで利用できる。ルートを調べたり、電話をかけたり、メッセージを送受信したり、音楽を聴いたりすることが、運転に集中した状態で行える。

新しいCarPlayは、これまでで最大のアップデートが行われる。単一のビューにミュージックやマップなどを表示するダッシュボード、新しいカレンダーアプリケーション、他社製のナビゲーションやオーディオアプリケーションに対するSiriのサポートなどが追加されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーナビタイムのドライブレコーダー機能がApple CarPlayに対応
  • ポルシェ・タイカン
  • 第1回SDLアプリコンテストの最終審査会。グランプリと特別賞5作品が選出された。
  • iOS 13で利用可能になる新Appleマップの「Look Around」機能
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/04/323095.html/article/2019/06/04/323094.html/article/2019/06/04/323096.html