ブリヂストン、物流コスト高騰で国内市販用タイヤを3%値上げ 8月1日から

エコピア EP150(参考画像)
エコピア EP150(参考画像)全 4 枚写真をすべて見る

ブリヂストンは、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を8月1日から平均3%引き上げる発表した。

今回の値上げは、人手不足等を背景とした物流関連費の高騰が主な要因。

対象商品は、乗用車・バン用タイヤ、小型トラック・バス用タイヤ、トラック・バス用タイヤ、建設・鉱山車両用タイヤ、産業車両用タイヤ、二輪自動車用タイヤ。二輪自動車用以外は夏タイヤ・冬タイヤともに対象で、値上げ率はいずれも平均3%となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブリヂストンの石橋秀一CEO、右は東正浩COO
  • ゴム製品業界 他社牽制力ランキング
  • ブリヂストン グレイテック W953
  • 神姫バスの中型自動運転バス実証実験
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ