北海道電力など、ブロックチェーンを活用したEV充電設備管理システムを研究

ブロックチェーンを活用したEV誘電設備プラットフォームの概要
ブロックチェーンを活用したEV誘電設備プラットフォームの概要全 3 枚写真をすべて見る

北海道電力とINDETAILは6月6日、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)の普及拡大に伴って充電設備が重要な社会インフラになることを見据え、ブロックチェーン技術を用いた充電スタンドのプラットフォーム構築に関して共同で研究すると発表した。

研究では、IoT技術とブロックチェーン技術の活用で、各地に点在するさまざまな仕様の充電スタンドを、セキュリティを確保しながらインターネットで接続する。これによって充電スタンド運営者、EVユーザーの利便性を向上するサービスを提供するためのプラットフォームの構築を目指すもの。

具体的には、オーナーはインターネット上で自動決済処理や、個々の充電スタンドの稼働状況の確認、柔軟な料金設定などが容易にできるようになる。EVユーザーは、充電スタンド設置者や種類を問わず、プラットフォームに接続される全てのスタンドについて、スマートフォンなどから設置場所や空き状況の確認や、予約が可能になる。将来的にはユーザー自らが自宅の充電用コンセントを充電スタンドとして提供することも想定している。

2019年度にプラットフォームのシステム設計、オンライン上での仮想シミュレーションを行い、2020年度以降、実証実験を実施する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー e-208
  • ホンダ e のEV専用プラットフォーム
  • テスラの電動ピックアップトラックのティザーイメージ
  • フォルクスワーゲン ID.3 のプロトタイプ
  • レクサス LCコンバーチブル コンセプト
  • マツダ NDロードスター チューニングキット
  • メルセデスベンツ SL 次世代型 テストミュール(スクープ写真)
  • 三菱 パジェロミニ 新型 予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/07/323203.html/article/2019/06/07/323202.html/article/2019/06/07/323204.html