ポルシェ タイカン、ほぼ完成か…主張がものすごいプロトタイプが登場

ポルシェ タイカン スクープ写真
ポルシェ タイカン スクープ写真全 19 枚写真をすべて見る

9月初旬にワールドプレミア、年内に日本発表が決定しているポルシェ初のEVスポーツ『タイカン』の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

青いゼブラペイントでカモフラージュされているが、フロントバンパー、サイドシル、リアフェンダー、トランクリッドに「TAYCAN」の文字が入りアピールする開発車両は、もはやプロモーションカーだ。

リアサイドウィンドウのプライバシーフィルムも剥がされ、レーシングシートやロールケージなどキャビン内の様子が見てとれるほか、ボンネットフードには初めてポルシェのエンブレムが装着され、発表間近であることを感じさせる。

市販型には、ベースグレードのほか上位モデルの「4S」、トップモデルには13万ドル(約1400万円)以上と噂さされる「ターボ」のラインアップが予想される。今回捉えたプロトタイプはカーボンセラミックブレーキを搭載する最強モデル「ターボ」の可能性が高い。

タイカン発売準備に向け、出力350KWの超急速充電ネットワーク「イオニティ」を欧州100か所に拡大。100km走行分のバッテリー容量をわずか4分で充電することができるという。ちなみにタイカンの航続距離は500km以上とされている。

「ターボ」のパワートレインはもちろん、文字通りのターボチャージャーではない。永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を2基搭載するのが由来だ。最高出力600ps以上を引き出し、0-100km/h加速が3.5秒以下、0-200km/h加速も12秒以下のパフォーマンスを発揮すると伝えられている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/11/323311.html/article/2019/06/11/323310.html/article/2019/06/11/323312.html