運転しながら人や街とつながるトヨタ「カマッテコネクション」…東京おもちゃショー2019出展予定

トヨタブース(イメージ)
トヨタブース(イメージ)全 4 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、6月15日・16日の2日間、東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2019」に、子どもがクルマを運転できるブース「CAMATTE CONNECTION(カマッテ コネクション)」を出展する。

トヨタは「クルマが持つ“夢"や“楽しさ"を次世代へと伝えていきたい」、「クルマを親子でもっと身近なものとして感じてもらいたい」という想いに加え、新たな価値を持つクルマづくりを狙いとして、2012年より毎年、様々なタイプの子ども向けコンセプトカー「カマッテ」を東京おもちゃショーに出展している。

今回出展するカマッテ コネクションは、子どもがクルマを運転し、人とクルマと街のつながりを体験できるブース。クルマを介して、家族が仲良くなり、人や街との楽しい出会いがあり、みんなの笑顔が生まれる、これがカマッテ コネクションに込められた「つながる」コンセプトだ。

カマッテ コネクションで運転できるコンセプトカー「カマッテ ペッタ」は、ハンドル、アクセルやブレーキペダル、サイドブレーキ等に本物のクルマと同じ部品が使われており、クルマの基本的な操作方法を学ぶことができる。また、車内の質感、走行中の音、軽微な振動など、本物のクルマを運転しているかのようなリアルな体験ができる。

子どもたちはまず、クルマに乗る前にタブレットを使ってオリジナルキャラクターを制作。作ったキャラクターは運転席のディスプレイに表示され、道案内をしてくれる。カマッテ ペッタの定員は3名でそのうち1人は運転をサポートするオペレーター。みんなで記念写真を撮ってから出発する。

走り始めると、コースの周りのスクリーンには、きれいな道や街並みなどさまざまな景色が映し出され、ドライブ気分を味わえる。手を振って、子どもたちを応援する街の人々など、運転しながら人や街とつながることができるブースとなっている。

このほか、身長130cmに満たない小さな子ども向けには、赤いボディのコンセプトカー「カマッテ ベリー」を用意。運転席に乗り込んでハンドルを回したりブレーキペダルを踏むなど、直接触れて遊ぶことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ
  • トヨタ ヒューマン サポート ロボット(HSR)
  • 車群認識機能・電波型PTPS(車群対応機能付き)
  • トヨタ自動車 GAZOO Racing Company スープラ開発責任者の多田哲哉氏
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/12/323380.html/article/2019/06/12/323379.html/article/2019/06/12/323381.html