米トヨタ、暴走事故を防止…2つの安全機能を2020年型の全車に搭載へ

トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は6月13日、自動エンジン停止機能と自動Pレンジシフト機能を、2020年モデルから全車に搭載すると発表した。

2つの新機能は、安全性を引き上げるのが目的だ。暴走事故を防ぐ狙いがある。

自動エンジン停止機能は、車両のエンジンがかかったままになっている場合、一定の時間が経過した後、エンジンを自動的に停止するもの。車両のエンジンがかかったままであることを、ドライバーのスマートフォンに通知するアプリも導入する予定だ。

自動Pレンジシフト機能は、ドライバーが車外に出た場合、自動的にシフトをパーキング位置に入れ、電子パーキングブレーキを作動させるシステムだ。これにより、無人の車両が暴走する事故を防止する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京2020オリンピック・パラリンピックで活用される専用EV「APM」
  • トヨタ東京オリンピック・パラリンピック専用モビリティAMP
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM」。車両は開発中のもの。
  • 寧徳時代新能源科技(CATL)WEBサイト
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/14/323467.html/article/2019/06/14/323466.html/article/2019/06/14/323468.html