国産連節バス、いすゞ エルガデュオ にNSG製ガラスを採用

いすゞ エルガデュオ
いすゞ エルガデュオ全 1 枚写真をすべて見る

日本板硝子(NSG)は、いすゞ自動車が発売した国内初のハイブリッド連節バス『エルガデュオ』に、NSGのガラスが採用されたと発表した。

ハイブリッド連節バスは、イベントや観光地など、これからニーズが高まる大量輸送に対応する、車体をジャバラ状の連節部分で2台つなげた最大120人乗りの大型のバス。フロントガラスにはNSGの3次元曲げ合わせガラスを採用。快適な室内空間へ貢献するとともに、広くクリアな視界を保ち、取り回しの難しい全長約18メートルの長い車体での快適・安全な運転を支える。

また、車両側面の窓には同社のフラット強化ガラスを採用。明るく開放的な車内で、移動中の景色を楽しめる環境づくりをサポートしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・シエンタ改良新型
  • GMCシエラ・デナリのヘッドアップ・ディスプレイ
  • トヨタ・アルファード
  • 高精度プレス工法で製造した複雑造形のフロントガラス
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/17/323528.html/article/2019/06/17/323527.html/article/2019/06/17/323529.html