三菱 デリカ D:5、ラグビー「三菱重工相模原ダイナボアーズ」のサポートカーとして提供

デリカ D:5 「三菱重工相模原ダイナボアーズ」特別ラッピングサポートカー
デリカ D:5 「三菱重工相模原ダイナボアーズ」特別ラッピングサポートカー全 1 枚写真をすべて見る

三菱自動車は6月17日、ジャパンラグビー トップリーグに所属する「三菱重工相模原ダイナボアーズ」に、『デリカ D:5』の特別ラッピングカーをサポートカーとして提供すると発表した。

三菱重工相模原ダイナボアーズは1971年に創部し、今シーズンから12季ぶりにトップリーグへの昇格を果たした、関東有数の伝統あるラグビーチームだ。サポートカーとして提供するデリカ D:5は、鍛え抜かれたラガーマンを彷彿とさせる力強い走りを発揮。ボディカラーはダイナボアーズおよび本拠地である相模原市のシンボルカラーであるグリーンをイメージさせるエメラルドブラックパールとし、ボンネット、左右ボディサイド、テールゲートにはダイナボアーズのロゴマークをあしらった。

ラグビーワールドカップ日本大会を今秋に控え、ラグビー人気の盛り上がりが予想される中、三菱自動車はダイナボアーズのトップリーグ昇格に伴い、グループ企業として同チームを支援することで、スポーツの振興・活性化に貢献する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ