いすゞ、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダの5社がMONETと資本・業務提携

「MONETコンソーシアム」イメージ
「MONETコンソーシアム」イメージ全 2 枚写真をすべて見る

いすゞ自動車、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、マツダの5社は、ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONETテクノロジーズと、それぞれ資本・業務提携に関する契約を締結したと6月28日に発表した。

これにより5社は、2019年8月までにMONETに出資し、約2%の株式を取得する予定。

また、同時に、今年3月にMONETとの資本・業務提携を発表している日野とホンダは、MONETに追加出資を行い、それぞれ約10%の株式を保有する予定。

今回の提携について、MONETの宮川 潤一社長 兼 CEOは、「この提携により、トヨタと日野、ホンダに加えて、いすゞ、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダの車両やモビリティサービスから得られるデータを、MONETのプラットフォームに連携できるようになる。自動運転社会に向けた高度なMaaSプラットフォームの構築には、多くのデータとの連携が不可欠であり、今回の提携はMONETが目指すMaaS事業をさらに加速させる」とコメントした。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運航船らいちょうI
  • MONET Bizの利用イメージ
  • MONET
  • MONET
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/28/323902.html/article/2019/06/28/323901.html/article/2019/06/28/323903.html