トーヨータイヤとミシュランも市販用タイヤ値上げへ…物流コスト高騰

東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)
東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

トーヨータイヤは、8月1日から国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を改定し、平均3%引き上げると発表した。

対象商品はトラック・バス用、小型トラック用、乗用車・バン用、建設車両用、産業車両用で、値上げ率は夏タイヤ・冬タイヤとも約3%。また同社が展開するエンスージアスト向けブランド、ニットータイヤについても同じく3%の値上げを実施する。

また同日、日本ミシュランタイヤも国内市販用タイヤの価格引き上げを発表した。

値上げ幅は、乗用車・ライトトラック用、トラック・バス用、建設・鉱山・産業車両用が3%(夏冬とも)。二輪用はスクーター用タイヤ、パイロットストリートシリーズ、M35が4%、その他は3%。

値上げ開始時期は二輪スクーター用タイヤ、パイロットストリートシリーズ、M35が7月1日、トラック・バス用、建設・鉱山・産業車両用が8月1日、乗用車・ライトトラック用および二輪用(7月1日値上げ対象商品を除く)が9月1日。

値上げ理由は、両社とも人手不足などを背景とした物流関連費等の高騰。ブリヂストンや横浜ゴム、住友ゴムも同様の理由で8月1日から国内市販用タイヤを3%値上げすると発表しており、これで国内主要4メーカーおよびミシュランが揃って値上げとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ドライブシミュレーターを活用した2019年のタイヤ安全啓発活動の様子
  • プロクセスR46A
  • 2020年 川畑選手参戦車両 TOYOTA GR Supra イメージ
  • 日本クラシック&エキサイティングカーラリー(昨年の模様)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ