トーヨータイヤ、シルクウェイラリー参戦選手にオープンカントリーシリーズを供給

参戦予定車両とブライス・メンジス選手
参戦予定車両とブライス・メンジス選手全 2 枚写真をすべて見る

トーヨータイヤは、7月6日から16日まで、ロシア、モンゴル、中国をまたいで開催されるオフロードレース「シルクウェイラリー2019」に参戦するブライス・メンジス選手に対し、ピックアップ/SUV用オフロードタイヤ「オープンカントリー」シリーズを供給すると発表した。

シルクウェイラリーは、2009年に始まった国際ラリー大会。夏場の開催で砂漠地帯が多いことなどからダカールラリーの前哨戦と位置づけられている。9回目となる今大会は、7月6日にロシア・シベリア地方の都市イルクーツクをスタートし、シベリアの永久凍土地帯から乾燥したモンゴルの大草原や岩山、広大なゴビ砂漠などを経て、7月16日に中国西域の敦煌にてゴールを迎える予定。総走行距離約5000kmの変化に富んだあらゆる悪路のレースを完走するには、高度なドライビングテクニックだけでなく、走破性や耐久性を兼ね備えたオフロードタイヤが求められる。

トーヨータイヤが供給する「オープンカントリー M/T-R」は、オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「オープンカントリー M/T」をレース用にチューンアップしたオフロードレース用タイヤだ。ベースとなったオープンカントリー M/Tはオフロードレースでのノウハウを生かした耐外傷性の高いタフネス構造を採用。アグレッシブかつ機能的なデザインのトレッドは悪路走破性のみならず、トラクション性能やブレーキ性能の向上にも寄与する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6月に開催されたSCORE バハ500参戦の様子
  • 総合優勝したブライス・メンジス選手の車両とオープンカントリー MT-R
  • 優勝したナタポン・アングリッツァノン選手チーム
  • 東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/02/323999.html/article/2019/07/02/323998.html/article/2019/07/02/324000.html