ロータス初のEVハイパーカー、車名は『エヴァイア』に決定…グッドウッド2019でチラ見せへ

ロータスのEVハイパーカー、エヴァイアのロゴ
ロータスのEVハイパーカー、エヴァイアのロゴ全 1 枚写真をすべて見る

ロータスカーズは7月3日、ブランド初のEVハイパーカーの車名を、ロータス『エヴァイア』(Lotus EVIJA)と発表した。

エヴァイアはこれまで、『タイプ130』と称されてきたモデルだ。エヴァイアには、「最初に存在」との意味が込められている。エヴァイアが、英国の自動車メーカー初のEVハイパーカーになることを示すネーミングだ。

なお、エヴァイアは7月16日、英国ロンドンでワールドプレミアされる予定だ。これに先駆け、英国で7月4日(日本時間7月4日夜)に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019」において、ファンに「チラ見せ」するという。

ロータスカーズは5月から、英国ヘセルの工場において、エヴァイアの限定130台の生産を開始する予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロータスカーズ、リードデザイナーのバーニー・ハット氏
  • ロータス・エヴァイア
  • レースの様子(過去の開催から)
  • ロータス・エヴァイア
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/04/324106.html/article/2019/07/04/324105.html/article/2019/07/04/324107.html