「ホンダeMaaS」の概念導入…ホンダミーティング2019

ホンダeMaaS
ホンダeMaaS全 7 枚写真をすべて見る

ホンダは7月4日までに和光ビル(埼玉県和光市)で開いた「ホンダミーティング2019」で、電動モビリティによる移動サービスと独自開発のエネルギーサービスを、コネクティッド技術などで融合させる「ホンダeMaaS」という概念を公表した。

日々の生活と自由な移動がシームレスにつながるサービスと、再生可能エネルギー拡大への貢献をめざしていく。MaaSは「モビリティ・アズ・ア・サービス」を示し、これからの自動車産業が深くかかわる事業分野となる。

一方でホンダは、着脱式可搬バッテリーの「モバイルパワーパック」や可搬型外部給電器「パワーエクスポーター9000」、さらに移動可能な水素生産装置である「スマート水素ステーション」などエネルギー分野での事業も展開している。エネルギー事業については「EaaS」(エネルギー・アズ・ア・サービス)との視点で推進する構えであり、MaaSとの融合で「ホンダeMaaS」というコンセプトを打ち出した。

モビリティについては電気自動車(EV)や水素によるFCV(燃料電池車)、さらに電動二輪車、ロボット技術によるパーソナルモビリティなど、環境負荷がゼロか極めて少ない電動車を主体にサービスを展開する。

各種の電動車は、いわゆる電力会社の系統との接続により、電力を供給する役目も担わせていく。その一環として、英国では電力をまとめる専門事業者(リソースアグリゲーター)と提携し、EVと庁舎間でのエネルギー有効利用の実証実験を2019年秋から始める計画という。

本田技術研究所のデジタルソリューションセンターを担当する伊藤裕直常務取締役は、eMaaSについて「移動効率の最大化や、ドライバー不足など社会課題への対応、さらに低炭素・低価格で電力系統の安定化にも寄与できる。ホンダらしいユニークなこのコンセプトを、カーボンフリーで実行していきたい」と話している。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フリード 改良新型 ホンダアクセス用品装着車
  • ホンダ フリード 改良新型
  • ホンダ・フリードクロスター
  • ホンダ・フリード改良新型、クロスター仕様
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/04/324121.html/article/2019/07/04/324120.html/article/2019/07/05/324122.html