カレコ・カーシェアリング、ステップワゴン スパーダを86台導入へ

ステップワゴン スパーダ
ステップワゴン スパーダ全 2 枚写真をすべて見る

三井不動産リアルティは、同社が運営する「カレコ・カーシェアリングクラブ」において、ホンダ「ステップワゴン スパーダ ホンダセンシング」を7月9日から順次86台導入すると発表した。

今回導入するステップワゴン スパーダは、スパーダ専用のフロントグリルやタイヤのアルミホイールなどを装備。また、車体のステップ高が低く、子どもや高齢者でも乗り降りしやすいよう設計されているほか、テールゲートには縦にも横にも開く「わくわくゲート」が採用されており、3列目シートへの乗り降りや荷物の積み下ろしをスムーズに行うことができる。

利用料金(ベーシックプラン)は、6時間パックが3800円、12時間パックが6300円、24時間パックが7800円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツA200d
  • メルセデスベンツA200d
  • ジープ コンパス
  • ホンダ S660
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/08/324198.html/article/2019/07/07/324197.html/article/2019/07/08/324199.html