次世代タクシー配車アプリ「MOV」、大阪・京都でサービス開始 AI探客ナビも年内スタート

次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」
次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」全 2 枚写真をすべて見る

DeNAが提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は7月8日、大阪府・京都府でのサービスを開始した。

MOVはAIを活用する次世代タクシー配車アプリ。周辺を走行するタクシーもリアルタイムに表示し、空車走行中のタクシーも確認可能。乗客はアプリで予想到着時間を事前確認した上で、指定場所への配車依頼ができる。さらにタクシー乗務員と利用客の現在地を確認できる機能や通話機能、定型メッセージを送り合える機能を実装。2018年4月に神奈川県でサービスを開始し、同年12月からは東京都でもスタートしている。

今回、大阪府では3社のタクシー事業者(近鉄タクシー、国際興業大阪、新大阪タクシー)と連携、京都府では9社(アオイ自動車、ギオン自動車、洛東タクシー、ホテルハイヤー、比叡タクシー、帝産京都自動車、都タクシー、西都交通、都大路タクシー)のタクシー事業者と連携しサービスを開始。大阪府・京都府においても協業事業者とともに高い次世代タクシー配車サービスを構築する。

DeNAは今後、大阪府・京都府でタクシー事業者の「MOV」導入を推進し、協業事業者を増やしていくほか、兵庫県でも秋頃にサービスを開始する予定。また、東京都内で実施をした「0円タクシー」のように、企業・店舗・行政などをも巻き込んだ、多者間マッチングモデルで新たな移動体験を創出するプロジェクト「PROJECT MOV」も展開していく計画だ。

さらにDeNAは、AIを活用してタクシーの需給予測をしながら経路をナビゲーションする「AI探客ナビ(仮称)」を年内に神奈川県にて提供を開始する予定だ。運転中のタクシー車両から収集するプローブデータとタクシー需要に関連する各種データを解析し、乗務員をリアルタイムかつ個別に利用客が待つ通りまで誘導。タクシーの運転手は目的地を入力することなく、AI探客ナビに従って走行することで、効率的に乗客を探すことができる。また乗客もよりスピーディに街中でタクシーを捕まえることができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 片瀬那奈、横浜スタジアムで始球式
  • めちゃ冷えタクシー
  • Anyca Official シェアカー
  • 次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/08/324215.html/article/2019/07/08/324214.html/article/2019/07/08/324216.html