トヨタ、ジェイテクトに豊精密の株式譲渡へ ドライブライン事業の競争力強化

豊精密工業(WEBサイト)
豊精密工業(WEBサイト)全 1 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車とジェイテクトは7月10日、両社の主要なドライブライン事業の競争力強化に向け、2020年1月を目途に、トヨタが保有する豊精密工業の株式をジェイテクトに譲渡する検討を開始することに合意した。

現在、トヨタグループのドライブライン事業は、ユニットごとにトヨタ・ジェイテクト・豊精密が開発・生産を分担しており、主要部品のデファレンシャルギアをトヨタと豊精密が、トルクコントロールデバイス(電子制御4WDカップリング)をジェイテクトが手掛けている。今回の合意により、全株式の譲渡終了後には、豊精密の駆動製品、歯車製造、歯車の加工機など、全事業がトヨタからジェイテクトに移管されることになる。

今後、車両電動化の加速に伴い、市場環境は大きく変化することが予想される。ドライブライン事業製品の種類・大きさの品揃え充実や、複数ユニットのモジュール化による小型軽量化などの「高付加価値化」を通じ、両社はドライブラインシステムとしての企画力・提案力を高め、拡販に繋げていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ カローラツーリング 新型(ハイブリッド)
  • トヨタ・スープラ新型(欧州仕様)
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)
  • ポルシェ 911タルガ 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ボルボ S90 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエンクーペ「GT」プロトタイプ車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324314.html/article/2019/07/11/324313.html/article/2019/07/11/324315.html