ドゥカティ スーパースポーツ など、シフトペダル先端が脱落するおそれ リコール

ドゥカティ・スーパースポーツS
ドゥカティ・スーパースポーツS全 2 枚写真をすべて見る

ドゥカティジャパンは、「スーパースポーツ」などのシフトペダルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「モンスター1200」「モンスター1200S」「モンスター821」「スーパースポーツ」「スーパースポーツS」の5機種で、2017年3月22日~2018年9月6日に輸入された675台。

シフトペダル先端のカシメ処理が不適切なため、確実に固定されていないものがある。そのため、ペダル先端が脱落し、変速ができなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ペダル先端のカシメの状態を確認し、カシメが不十分なものはシフトペダルを良品に交換する。

不具合は7件発生、事故は起きていない。市場からの報告によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 浅草・雷門前を走るドゥカティDIAVEL1260S
  • 10万台目のドゥカティ・ムルティストラーダ:1260パイクスピーク。ドメニカーリCEO(向かって左)と、オーナーになるハヤードさん
  • ドゥカティ・パニガーレV4
  • ドゥカティ パニガーレV4 25°アニバーサリオ916(左)とカール・フォガティ
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324336.html/article/2019/07/11/324335.html/article/2019/07/11/324337.html