長崎本線のトンネル内で特急が緊急停車…九州新幹線西九州ルートの工事にミス 7月11日発生

長崎トンネル内で異音を感知して緊急停止した特急『かもめ』。
長崎トンネル内で異音を感知して緊急停止した特急『かもめ』。全 1 枚写真をすべて見る

7月11日10時25分頃、長崎本線浦上~現川(うつつがわ)間を走行中していた特急『かもめ16号』が、長崎トンネル内で異音を検知して緊急停車した。これにより、鹿児島本線博多~鳥栖間、長崎本線全線で運休や遅延が発生した。

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)の発表によると、九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の建設を受け持つ同機構が、渇水対策として発注していた試掘ボーリングにより「JR長崎本線長崎トンネル及び同トンネル内を走行中の特急車両を損傷させ、運休や大幅な遅れを発生させる状況となりました」とされている。

機構では「一歩間違えば大事故につながる可能性もあった」として事態を重大視。再発防止の対策を検討するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月12日の東北新幹線は、下りが東京13時20分発『はやぶさ23号』、上りが新青森11時15分発『はやぶさ52号』が最終となる。
  • JHB:ジェイ・アール北海道バス
  • 10月12日の終日運休が決定している小田急の特急ロマンスカー。写真は70000形GSE。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。
  • 常磐緩行線で運行されているJR東日本のE233系
  • 冬・夏用の制服。女性用のリボンタイやスカートは廃止され、男女ともネクタイ着用のスーツスタイルに。制帽は男女とも官帽型とチロリアン(ハイバック)型があり、いずれかを選択する。ネクタイは3種類あるなかから選ぶ。職制を識別するため駅長・区所長用の袖のラインは2本、それ以外は1本となっており、制帽でも5種類を設けて区別する。
  • TX-3000系のイメージ。車体はアルミダブルスキン鋼体で、最高速度は130km/h。
  • 10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324343.html/article/2019/07/11/324342.html/article/2019/07/11/324344.html