長崎本線のトンネル内で特急が緊急停車…九州新幹線西九州ルートの工事にミス 7月11日発生

長崎トンネル内で異音を感知して緊急停止した特急『かもめ』。
長崎トンネル内で異音を感知して緊急停止した特急『かもめ』。全 1 枚写真をすべて見る

7月11日10時25分頃、長崎本線浦上~現川(うつつがわ)間を走行中していた特急『かもめ16号』が、長崎トンネル内で異音を検知して緊急停車した。これにより、鹿児島本線博多~鳥栖間、長崎本線全線で運休や遅延が発生した。

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)の発表によると、九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の建設を受け持つ同機構が、渇水対策として発注していた試掘ボーリングにより「JR長崎本線長崎トンネル及び同トンネル内を走行中の特急車両を損傷させ、運休や大幅な遅れを発生させる状況となりました」とされている。

機構では「一歩間違えば大事故につながる可能性もあった」として事態を重大視。再発防止の対策を検討するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。
  • トンネル内での惨事を免れたJR九州の特急『かもめ』。
  • 新宿方面まで顔を見せることになったヨコハマネイビーブルーの相鉄12000系。
  • ドローンを使った鉄道施設点検実験の様子。
  • 副駅名称の設置イメージ。駅名標の下部に掲出する。
  • 養老鉄道のハローキティラッピング電車のイメージ。桑名市の多度大社など、沿線の観光スポットもモチーフとなっている。
  • 妙高高原駅で発車を待つ妙高はねうまラインの列車。妙高高原駅からの場合、日本海ひすいラインの能生(のう)駅以遠まで利用すれば、「トキ鉄18きっぷ」の方が割安となる。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324343.html/article/2019/07/11/324342.html/article/2019/07/11/324344.html