ジャガー Xタイプ、燃料漏れのおそれ 対策部品不具合で再リコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは7月11日、ジャガー「Xタイプ 2.0 V6」および同「エステート」の燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2002年3月19日~2008年3月28日に輸入された3477台。

燃料タンクのポンプモーター配線端子接続部のはんだ下処理が不十分なため、はんだ割れ、はがれにより接触不良となることがある。そのため、はんだ接続部が発熱し断線して、燃料供給が止まりエンジンが停止する、または、端子周囲が熔損し穴が開き、燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料ポンプを対策品に交換する。不具合は5件発生、事故は起きていない。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、2012年10月23日にリコールを届け出ていたが、対策部品に不具合が発生したため、再度リコールを届け出て、改めて再改善した対策部品と交換を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • ジャガー・ランドローバー英ヘイルウッド工場の累計生産100万台目となったレンジローバー イヴォーク
  • 改善箇所
  • 【リコール】ジャガー「X-TYPE 2.0 V6」など…火災に至るおそれ
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324347.html/article/2019/07/11/324346.html/article/2019/07/11/324348.html