[カーオーディオ“チョイスのキモ”]スピーカー その8…3ウェイってどう?

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
3ウェイスピーカーの一例(ビーウィズ・Refarence AM Trio)。
3ウェイスピーカーの一例(ビーウィズ・Refarence AM Trio)。 全 1 枚 拡大写真
製品選びの段階からカーオーディオを楽しみ尽くしていただこうと、「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を解説している当コーナー。まずはスピーカーに関するいろいろを紹介している。第8回目となる今回は、“3ウェイ”について考えていく。

さて、これまでは仕様的なタイプ違いとしては、“フルレンジ(コアキシャル)”と“セパレート2ウェイ”、この2つを紹介するにとどめていたのだが、仕様的なタイプ違いは実はもう1つある。それがこの“3ウェイ”だ。ツイーターとミッドウーファーで構成されるのが“2ウェイ”だが、そこに中音再生のスペシャリストである“スコーカー(ミッドレンジ)”を加えて左右計6つのユニットでシステムが構成されるタイプが、“3ウェイ”と呼ばれている。

なお、愛車のスピーカーシステムを“3ウェイ”にしようとしたとき、その実行方法は2つある。最初から“3ウェイ”仕様になっているコンポーネントスピーカーを購入するか、使用中の“2ウェイ”スピーカーに後から“スコーカー”を足すか、このいずれかだ。

ちなみに、市場にあるスピーカーのラインナップを見ると、コンポーネントスピーカーの製品バリエーションは“2ウェイ”の方が相当に多い。その理由は単純明快だ。「“2ウェイ”スピーカーが選ばれることの方が多いから」だ。“3ウェイ”を選ぶと、スコーカーの取り付けにはある程度の加工が必要となり手間がかかる。さらにはサウンドチューニングの難易度も上がる。“3ウェイ”にはサウンド的な利点が多々あるのだが、導入のハードルも上がるので、気軽にチョイスされづらいのだ。

ところで、使用中の“2ウェイ”に後から“スコーカー”を足そうとする場合には、必ずしも同一メーカー、同一シリーズの製品の中から選ばなくてもOKだ。正攻法でいけばメーカーもシリーズも揃えた方がいいのだが、カーオーディオは自由な趣味だ。好みに応じて敢えて他ブランドのスコーカーを導入するというのはアリだ。もしも後から“3ウェイ”化を図ろうとする際には、自由な発想で“スコーカー”選びを楽しもう。

今回はここまでとさせていただく。次回も引き続き「スピーカー」の“チョイスのキモ”を解説していく。お楽しみに。

「サウンドユニット」の“チョイスのキモ”を徹底解析! Part1・スピーカー編 その8「3ウェイってどう?」

《太田祥三》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • “カーオーディオ・プロショップ”の店内の様子(Kサウンド<広島県>)。
  • ユニットサブウーファーの使用例(製作ショップ:カーズファクトリーシュティール<山形県>)。
  • パワーアンプ内蔵DSPの一例(プラグ&プレイ)。
  • car audio newcomer! トヨタ ヴォクシー(オーナー:渡邉隆広さん) by  SOUND WAVE 前編
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/11/324354.html/article/2019/07/11/324353.html/article/2019/07/12/324355.html