ボルグワーナー、初の混合燃料対応ターボ開発…VW向けに増産へ

ボルグワーナーが開発した初の混合燃料対応ターボ
ボルグワーナーが開発した初の混合燃料対応ターボ全 1 枚写真をすべて見る

ボルグワーナー(Borg Warner)は7月11日、フォルクスワーゲン向けにターボチャージャーを増産すると発表した。

ボルグワーナーがフォルクスワーゲン向けに増産するターボチャージャーは、「B01」と呼ばれるもの。このターボチャージャーは、最高1050度の排気温度に耐えながら、エンジンの性能を満たすために先進の素材と技術を採用している。

具体的には、アルミ製コンプレッサーホイール、最適化されたベアリングシステム、電動ウエストゲート、高性能ノイズリダクションシステムなどを導入した。優れた性能と燃費を実現するコンパクト設計も特長だ。

フォルクスワーゲンは、このボルグワーナー製ターボを、ブラジル向けの『Tクロス』、『ゴルフ』、『ポロ』などに搭載する。ボルグワーナーによると、初めて開発したフレックス(混合)燃料対応ターボになるという。

ボルグワーナーは、同社のターボチャージャー技術は、エンジン排気量と燃費を削減しながら、エネルギー効率の高いエンジン性能を可能にする、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーの高性能電動ドライブモジュール「eDM」
  • ボルグワーナーの電動ターボ「eTurbo」
  • ボルグワーナーの「インテリジェントカムトルクアクチュエーター」
  • ボルグワーナーの米国インディアナ州の「ノーブルズビルテクニカルセンター」のハイテクラボ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ