日産、ピックアップトラックにも「NISMO」追加か!?

自動車 ニューモデル 新型車
日産 ピックアップ ナバラ
日産 ピックアップ ナバラ 全 4 枚 拡大写真
日産は、ハイパフォーマンスモデルとして展開するブランド「NISMO」を、ピックアップトラックへ設定する可能性が高いことがわかった。

現在NISMOモデルは、大きく「S-Tune」「R-turn」「Z-tune」の3段階に分かれており、『GT-R』や『フェアレディZ』のようなスポーツモデルだけでなく、SUVの『ジューク』、コンパクトモデルの『ノート』など幅広く設定されている。

オーストラリア日産のスティーブ・レスター氏は、フォード『レンジャー ラプター』と競うことができる『ナバラ ピックアップ』の強力なバージョンが必要と語っており、NISMO仕様の設定を示唆した。

ナバラは現在2.5リットル直列4気筒エンジンを搭載しているが、NISMO仕様は4気筒モデルにとどまらず、米市場で展開するピックアップトラック、『フロンティア』が搭載するV6モデルにも設定することを視野に入れているようだ。

北米においてフロンティアは、最新の「D23系」(2015年登場)が投入されておらず、2005年に発売された2代目「D40系」が継続して販売されている。そのため2019年6月まで直近の1年間では、39,322台の販売台数を記録、前年同期比で5.7%減少となった。切迫した状況ではないが、NISMO設定により販売強化へ繋げたいところだろう。

ワールドプレミアの時期などは未定だが、2020年後半あたりが目安となるだろう。

日産「NISMO」、今度はピックアップトラックに設定が濃厚!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産GT-R NISMOがモチーフのeスポーツ専用ゲーミングチェアのスケッチ
  • NISSAN GT-R NISMO GT500 2020年仕様
  • NISMOスポーツリセッティングのECM
  • 日産マーチNISMO Sのフロントビュー
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/14/324408.html/article/2019/07/14/324407.html/article/2019/07/14/324409.html