生産終了の噂を一蹴!シボレー カマロ、次期型は2023年までに登場

自動車 ニューモデル 新型車
シボレー カマロ 現行型
シボレー カマロ 現行型 全 5 枚 拡大写真
先日、シボレー『カマロ』が2023年を持って生産終了との噂が一部海外メディアで流されたが、GM関係者が即座に反応。この噂を一蹴した。

カマロは、GMがシボレーブランドで販売する2ドア・ハードトップクーペ/オープンで、車名は古フランス語で友人を意味する言葉に由来している。初代が1967年に登場以来、半世紀もの歴史を誇り、アメリカンスポーツの象徴として人々を魅了し続けてきた。

5月には、6代目のフロントマスクを一新した2020年型を発表したばかりだ。しかし、2018年の販売台数は50,963台と伸び悩んでおり、ライバル争いではダッジ『チャージャー』の66,761台、フォード『マスタング』の75,842台に次ぐ3位とされている。

このことから2023年には生産終了との噂が流れたようだが、GM関係者が公式に否定、2023年までには次世代を投入すると発表した。

パワートレインに関しては言及していないが、マイルドハイブリットやプラグインハイブリッドなど電動化も検討されているようで、カマロ次世代型の逆襲に期待したい。

衝撃の廃止報道から一転...シボレー カマロ、次期型を開発へ!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シボレー・カマロ
  • シボレー・カマロ2020年モデル(東京オートサロン2020)
  • 新型シボレー・コルベット
  • シボレー カマロ SS スタイリングスポーツエディション
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ