新幹線初の道路併用橋見学会…北陸新幹線九頭竜川橋梁 8月9・21・23日

建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。
建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。全 2 枚写真をすべて見る

福井県福井市は、8月に北陸新幹線九頭竜川(くずりゅうがわ)橋梁の工事見学会を開催する。

同橋梁は、2022年度末の開業を目指して建設中の北陸新幹線金沢(白山総合車両所)~敦賀間のうち、福井市北東部の九頭竜川に架かる延長414mのコンクリート橋で、2015年10月に着工した。

コストと工期の縮減を目的に、6つある橋脚を県道の橋梁と一体で整備したため、新幹線の橋梁としては初めて道路との併用橋となる。5月には橋が1本につながっており、全体の完成は2020年春が予定されている。

見学会は8月9・21・23日の各日10~11時に開催(雨天の場合は中止)。対象は小学生以上で、申込みは各日開催日の5日前まで電話で先着順に受け付ける。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 肥薩おれんじ鉄道で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。
  • 当日は『おかえり登山電車61号』の列車名で運行される70000形GSE。
  • 7月18日からの再開が決まった『SLもおか』。
  • バイオディーゼルが混合使用される『あそぼーい!』用のキハ183系1000番台。
  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。
  • 8月10日を最後に引退するキハ48形「リゾートみのり」。
  • 九州全県に「感謝の輪」を描き、世界一の「わ」を目指すという『36ぷらす3』。「36」は九州を楽しむ35のエピソードに加えて「お客さま自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい」という想いを込めたものだという。これに「3」を加えた「39」をサンキューに掛け合わせ、感謝の輪を広げていくという。
  • 6月26日に静岡県庁の知事室で開かれた川勝知事(左)と金子社長(右)の面談の様子。この席で川勝知事は条例に基づく協定締結の可否により、ヤード準備工事の是非を判断すると述べた。

ピックアップ