新幹線初の道路併用橋見学会…北陸新幹線九頭竜川橋梁 8月9・21・23日

建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。
建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。全 2 枚写真をすべて見る

福井県福井市は、8月に北陸新幹線九頭竜川(くずりゅうがわ)橋梁の工事見学会を開催する。

同橋梁は、2022年度末の開業を目指して建設中の北陸新幹線金沢(白山総合車両所)~敦賀間のうち、福井市北東部の九頭竜川に架かる延長414mのコンクリート橋で、2015年10月に着工した。

コストと工期の縮減を目的に、6つある橋脚を県道の橋梁と一体で整備したため、新幹線の橋梁としては初めて道路との併用橋となる。5月には橋が1本につながっており、全体の完成は2020年春が予定されている。

見学会は8月9・21・23日の各日10~11時に開催(雨天の場合は中止)。対象は小学生以上で、申込みは各日開催日の5日前まで電話で先着順に受け付ける。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月12日の東北新幹線は、下りが東京13時20分発『はやぶさ23号』、上りが新青森11時15分発『はやぶさ52号』が最終となる。
  • JHB:ジェイ・アール北海道バス
  • 10月12日の終日運休が決定している小田急の特急ロマンスカー。写真は70000形GSE。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。
  • 常磐緩行線で運行されているJR東日本のE233系
  • 冬・夏用の制服。女性用のリボンタイやスカートは廃止され、男女ともネクタイ着用のスーツスタイルに。制帽は男女とも官帽型とチロリアン(ハイバック)型があり、いずれかを選択する。ネクタイは3種類あるなかから選ぶ。職制を識別するため駅長・区所長用の袖のラインは2本、それ以外は1本となっており、制帽でも5種類を設けて区別する。
  • TX-3000系のイメージ。車体はアルミダブルスキン鋼体で、最高速度は130km/h。
  • 10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/18/324561.html/article/2019/07/18/324560.html/article/2019/07/18/324562.html