フェラーリ、最高のデザイン部門と認定…レッドドット賞を受賞

「2019年レッドドット賞」の「デザイン・チーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したフェラーリ
「2019年レッドドット賞」の「デザイン・チーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したフェラーリ全 1 枚写真をすべて見る

フェラーリ(Ferrari)は7月17日、「2019年レッドドット賞」において、フェラーリが「デザイン・チーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した、と発表した。

レッドドット賞は、ドイツの「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催する約60年の歴史を持つデザイン賞だ。

世界各国から応募された自動車など幅広いカテゴリーの工業製品から、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づき審査され、クオリティの高いデザインにレッドドット賞が贈られる。

中でも、デザイン・チーム・オブ・ザ・イヤーは、レッドドット賞が、最高のデザイン能力を備えた企業や団体に与える賞だ。フェラーリの優れたデザインを生み出すデザイン部門が、その能力を評価されたことになる。

なお8月25日まで、ドイツ・エッセンのレッドドットデザイン博物館では、フェラーリの受賞歴のある製品を展示する「夢をデザインする:フェラーリデザインチーム」展を開催している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェラーリの新作短編映画『ル・グラン・ランデヴー』の撮影の様子
  • フェラーリのシミュレーション技術による車両開発
  • フェラーリ・ジャパン代表取締役のフェデリコ・パストレッリ氏
  • フェラーリ SF90 ストラダーレ を起用した短編映画『ル・グラン・ランデヴー』の撮影の様子
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ