【メルセデスベンツ EQC】疑似走行音発生システム搭載

メルセデスベンツ EQCの新開発の疑似走行音発生システム
メルセデスベンツ EQCの新開発の疑似走行音発生システム全 6 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは7月15日、ブランド初の市販EVの『EQC』(Mercedes-Benz EQC)に、新開発の疑似走行音発生システムを搭載した、と発表した。日本仕様には「アコースティックアンビエントプロテクション」という名称で標準装備となってイル。

このシステムは、ドイツ・ジンデルフィンゲンのメルセデスベンツの技術センターが開発したもの。音の専門家が技術センターの音響テスト施設において、電動車両向けの疑似走行音発生システムの開発に取り組んだ。歩行者や自転車に、電動車両の接近を知らせるのが目的だ。

メルセデスベンツの疑似走行音発生システムは、「AVAS」(アコースティック・ビークル・アラーティング・システム)と呼ばれる。音響テスト施設では、特別なマイクを使用し、シミュレーション、測定、評価、改善を繰り返した。

日本仕様EQCでは車速30km/h以下で作動し、ドライバーの操作でOFFにすることもできる。メルセデスベンツのAVASは、欧州、日本、中国、米国で、仕様が異なる。例えば欧州では、疑似走行音は20km/hまで作動させることが求められる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV