600馬力のポルシェ 911ターボカブリオレ 新型、市販へ準備着々!

ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚写真をすべて見る

ポルシェ『911』(992世代)の派生モデルとなる最強オープン『911ターボ カブリオレ』新型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えた。

赤いファブリックルーフを装着した車両は、911カブリオレと比べるとより大型のコーナーエアインテーク、サイドスカートを装備するほか、リアフェンダー前部にはエアスクープも見てとれる。まさに「ターボ」の風格だ。

またリアエンドでは、可変式リアウィング、クワッドエキゾーストパイプ、エアアウトレット、また足回りにはイエローのブレーキキャリパーが見てとれることから、カーボンセラミックブレーキが装着されていることがわかる。これまでで最も市販型に近いプロトタイプであり、市販へ向け準備が着々と進んでいるようだ。

ベースモデル「911カブリオレ」は、新世代の3.0リットル水平対向6気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力450psを発揮するが、ターボ カブリオレでは3.8リットル水平対向6気筒ガソリンターボエンジンを搭載、最高出力は600ps以上と見られている。

ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

またトランスミッションは、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「PDK」を搭載。3秒以内に62マイル(100km/h)に達し、最高速度は200マイル(320km/h)というパフォーマンスを発揮する。

ポルシェは9月のフランクフルトモーターショーで『911ターボ』を発表予定。ターボ カブリオレも同時発表となる可能性もあるが、おそらく2020年3月以降と予想される。

ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】600馬力のポルシェ 911ターボカブリオレ 新型、市販へ準備着々!(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  3. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  6. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
  7. 9月17-18日は要注意…台風14号接近で山陽新幹線などが運休の可能性
  8. 日産 GT-R T-spec、北米市場にも導入へ 今冬から
  9. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  10. トヨタ社員の自殺労災認定、上司のパワハラでうつ病…名古屋高裁逆転判決[新聞ウォッチ]
ランキングをもっと見る