ドラレコ映像などを活用して道路標識などの点検・維持管理、省力化効果を確認

道路附属物維持管理作業フローの比較
道路附属物維持管理作業フローの比較全 2 枚写真をすべて見る

古河電気工業、ゼンリンデータコムは、道路標識や照明などの小規模道路附属物の点検・維持管理を非常に簡便にできるシステムの実証実験で点検・維持管理を、大幅に省人化・低コスト化できる効果を確認したと発表した。

ゼンリンデータコムの「ドライブレコーダー映像からのAIによる道路附属物画像認識技術」と古河電工の「ARによる道路附属物点検支援システム」を融合、簡便に道路附属物の施設台帳を作成し、維持管理できる「道路附属物維持管理システム」を開発した。

栃木県日光市の協力の下、システムの実証試験を実施したところ、手作業で行う従来点検と比較して約10分の1以下の時間で完了できる効果を確認した。

システムは、7月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催される展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019 インフラ検査・維持管理展」の古河電工ブースに出展する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 古河電工の逆走検知システム
  • 周辺監視レーダ
  • 古河電工のホームページ
  • 着座型屋内用ビークル「BPHOENIX evon」
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/22/324682.html/article/2019/07/22/324681.html/article/2019/07/22/324683.html