九州北部豪雨でJAF救援要請が急増、アンダーパスや冠水路を避けるよう注意喚起

イメージ
イメージ全 1 枚写真をすべて見る

日本自動車連盟(JAF)九州本部は、北部九州で降り続いた7月21日の大雨によるロードサービス要請件数をまとめた。

短時間での局地的豪雨で車両が冠水・水没したことによる救援要請は、福岡県久留米地区を中心に九州で235件、県別内訳は福岡県199件、佐賀36件。中には、冠水路を走行したことが原因と思われる事例もみられた。

これを受けJAF九州本部では、大雨・集中豪雨時にクルマの浸水トラブルを防ぐポイントとして、大雨・集中豪雨の際はなるべく運転を控えること、地下道やアンダーパス、冠水路は避けること、クルマの保管場所の安全を確認することなどを挙げている。

またJAFでは、冠水により窓やドアが開かない時やシートベルトがはずれない時のため、ガラス割りハンマーやシートベルトカッターを車内に常備することを推奨。万が一、冠水した場合は、電気系統の漏電で火災発生の危険性があるため、いきなりエンジンをかけないよう注意を呼びかけている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 宮城県運転免許センター
  • 猫
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ