超小型EVを活用した観光型MaaS、沖縄県・久米島で開始 豊田通商

久米島
久米島全 2 枚写真をすべて見る

豊田通商は、トヨタ自動車が展開するトヨタ車体製の超小型EV『コムス』を活用したマイクロモビリティシェアリングサービス「Ha:moRIDE(ハーモライド)」を、沖縄県・久米島で、観光型MaaS事業「久米島Ha:mo」として、7月27日よりサービスを開始した。

久米島は、沖縄本島から飛行機で30分ほど西に位置。豊かな自然と、城跡などの歴史に触れられる観光ポイントや、久米紬生産業など多様な観光資源を持ち、観光に注力している。近年、来島者が増加傾向にあるものの、伸び率としては沖縄県全体と比較すると低いことや、観光客の移動手段がハイシーズンには不足するなどの課題もある。

久米島Ha:moは、久米島町役場や久米島観光協会他の協力の下、豊田通商が、地元企業のイーストレンタカーおよび、地元ホテル(リゾートホテル久米アイランド、The COURT(久米島イーフビーチホテル))と連携して運営する。観光モビリティとしてのCOMS活用により、島内の移動手段不足の解決に寄与するとともに、アイシン・エィ・ダブリュ製の専用設計「観光ナビ」による観光情報・コース設定などのサービスを組み合わせることで、新しい観光アトラクションとしてのCOMSの活用を進め、久米島の観光振興・地域振興に寄与することを目指す。

久米島Ha:moの予約は、電話またはWEBサイトでホテルにて受け付ける。料金(税別)は2時間コース3000円、5時間コース8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 中・長距離バスアプリサービス「Shuttl(シャトル)」
  • 豊田通商の技術提携先である日本の自動車解体事業者(参考画像)
  • 「ITS世界会議シンガポール2019」に出展した豊田通商
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ