【鈴鹿8耐】「車椅子レーサー」青木拓磨が22年ぶりにバイクで鈴鹿を駆け抜けた

車椅子レーサーの青木拓磨が、ハンドシフトを備えたホンダ「CBR1000RR」で22年ぶりに鈴鹿サーキットを走った(7月28日)
車椅子レーサーの青木拓磨が、ハンドシフトを備えたホンダ「CBR1000RR」で22年ぶりに鈴鹿サーキットを走った(7月28日)全 3 枚写真をすべて見る

7月28日、2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会の決勝レース前のセレモニーで、鈴鹿サーキットを青木拓磨が22年ぶりに疾走した。

拓磨はロードレース世界選手権(WGP)で活躍したライダー。1995年、1996年にかけて全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスを2連覇し、1997年にはWGPデビューを果たす。この年、500ccのV型2気筒エンジンを搭載するホンダ「NSR500V」を駆って世界に挑んだ拓磨は、その翌年もWGPを戦う予定だった。しかし1998年、シーズン前のテスト中にクラッシュ。脊髄を損傷して下半身不随となる。

以降、拓磨はハンドドライブで行う四輪レースなどに積極的に参戦。2020年には四輪レースのFIA世界耐久選手権(WEC)ル・マン24時間レースへの参戦を表明している。また、レンタルバイクで誰もが気軽に参戦できる耐久レース『レン耐』を主催し、二輪ロードレースの普及にも尽力している。

今回のプロジェクト“Takuma Rides Again”は、兄弟でありともにレーシングライダーとして切磋琢磨してきた兄・青木宣篤と弟・青木治親が立ち上げた。宣篤はスズキのMotoGPテストライダーを務め、また、2019年鈴鹿8耐にも参戦するレーシングライダーであり、治親は現在、オートレーサーとして活躍している。拓磨がデモランを行うのは、イギリス製のハンドシフトを備えたホンダ「CBR1000RR」だ。

走行を終えた拓磨を迎える兄・宣篤(右)と弟・治親
鈴鹿8耐の決勝レース前、鈴鹿サーキットのコース上に兄弟とともに姿を現した拓磨はこう語った。

「(事故後も)あきらめたくなくて、四輪のレースに参戦しています。絶対にまた世界に戻る、と思ってやってきました。今回、プロジェクトを立ち上げてくれた治親のおかげでこうして(再びバイクに乗ることを)達成できました」

そうして「うれしい!!」と、抑えきれないように感情を言葉に乗せる。そんな拓磨のデモランを前に、弟の治親は「夢のよう」と語り、兄の宣篤はあふれる涙に声を詰まらせた。

拓磨は約2周にわたってデモランを実施。鈴鹿サーキットに詰めかけた多くのファンは、22年ぶりに拓磨がバイクを駆り鈴鹿サーキットを疾走する姿に、大きく温かい拍手を送った。

《伊藤英里》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スタートシーン
  • 今年も鈴鹿8耐の逆バンクにバイクのまま乗り入れてキャンプができる逆バンクde 8耐CAMPが開催された
  • 笑顔が素敵なGOSHI Racingの片山千彩都さん(左)と小椋華恋さん(右)。2人をデザインしたステッカーを持ってパチリ
  • 平野ルナさん(TransMapRacing with ACE CAFE)。レース前のインタビュー後。ホワイトボードに初の鈴鹿8耐への意気込みを書いてくれた
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/30/325003.html/article/2019/07/30/325002.html/article/2019/07/30/325004.html