「東京BRT」の本格運行を担う新会社設立…都心と臨海部とを結ぶ次世代バス交通

東京BRT
東京BRT全 3 枚写真をすべて見る

京成グループの京成バスは7月31日、東京都心と臨海部とを結ぶ「東京BRT」の本格運行を担う東京BRT株式会社を設立した、と発表した。資本金は7500万円、京成バスが100%出資する。会社設立は7月8日付。

BRTはバス・ラピッド・トランジット=バス高速輸送システムの略。連節バス、ICカードシステム、道路改良等により、路面電車に遜色のない輸送力と機能を有し、かつ、運行の柔軟性も備えたバスをベースとした、都市交通システムのことだ。

東京都では、臨海地域における豊洲市場の開場や環状2号線など道路の整備、住宅開発などによる交通需要の増加に対応するため、2014年に「都心と臨海副都心とを結ぶBRT協議会」を設立して、この新たな交通システムについて検討を始めた。2015年に基本計画を策定、京成バスが運行事業者に選定された。「東京BRT」の名称は公募に基づいて2018年に決定、2019年になってシンボルマークや車両、停留所などのデザインが発表された。

今後2020年度に京成バスによってBRTの「プレ運行」が開始され、新会社は、東京オリンピック・パラリンピック後に予定される「プレ運行2次」より京成バスとの共同で運行を開始し、2022年度以降の本格運行時は全ての運行を東京BRTが担う予定だ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 東京BRT使用車両イメージ:ハイブリッド連節バス、いすゞエルガデュオ
  • 成田空港駅時代の駅名標が残る、東成田駅の『スカイライナー』用旧ホーム。
  • 東京BRT
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV