フェラーリ、純利益は14%増 2019年第2四半期決算

フェラーリ488スパイダー
フェラーリ488スパイダー全 3 枚写真をすべて見る

フェラーリ(Ferrari)は8月2日、2019年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は9億8400万ユーロ(約1167億円)。前年同期の9億0600万ユーロに対して、9%増と2年ぶりに増加した。

また、第2四半期の純利益は、1億8400万ユーロ(約218億円)。前年同期の1億6000万ユーロに対して、14%増と2桁増を達成している。

売上高の9億8400万ユーロのうち、本業の自動車および補修パーツが、7億6600万ユーロ。前年同期比は、14%の伸び。ブランドライセンス事業の売上は、1億3100万ユーロ。前年同期比は4%増と堅調だった。

フェラーリは2019年通期(1~12月)の業績予想について、35億ユーロ以上の売上を見込む。前年の34億ユーロを上回ると予想している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1シンガポールGP
  • フェラーリ812GTS
  • フェラーリF8スパイダー
  • F1イタリアGP
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/05/325211.html/article/2019/08/05/325210.html/article/2019/08/05/325212.html