トヨタのFCバス「SORA」、ITS機能活用で安全性・輸送力・速達・定時性を向上

車群認識機能・電波型PTPS(車群対応機能付き)
車群認識機能・電波型PTPS(車群対応機能付き)全 7 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、燃料電池バス(FCバス)『SORA』を改良、ITS機能の活用により安全性、輸送力ならびに速達・定時性を向上させた新モデルを8月から発売する。

今回の改良では、「ITSコネクト路車間通信システム」を搭載。路車間通信で取得した対向車・歩行者情報、信号情報などを活用し、右折時の対向直進車や右折先歩行者、赤信号の見落としなど、ドライバーに注意喚起を促す。さらに赤信号で停止することが予測される場合、早めの減速を推奨するほか、発進の遅れを回避できるよう、赤信号の待ち時間目安を表示する。

また、ドライバーに異常が発生した際、本人または乗客が非常ブレーキスイッチを押すことで減速して停止する「ドライバー異常時対応システム」を搭載。減速開始と同時に、車内では赤色フラッシャーランプと音声アナウンスで、車外や周囲にはホーンとストップランプ、ハザードランプの点滅で異常を知らせる。さらに進路上の先行車や障害物との衝突の危険性を検出した場合、ドライバーに警報ブザーおよびモニター画面で警告。ドライバーの運転操作による衝突回避を支援する。

「ITSコネクト車群情報提供サービス」では、車群を構成する車両、順序、車群長等の情報から、ドライバーに車群の台数を通知。信号やバス停での車群の分断を防ぎ、輸送力の向上と速達・定時性の両立を支援する。さらに円滑な加減速を支援する全車速レーダークルーズコントロールを搭載。先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車であれば、車車間通信により取得した先行車の加減速情報に素早く反応し、スムーズな追従を可能にする。

そのほか、「ITSコネクト電波型PTPS(車群対応機能付)」も搭載。ITS専用無線で、青信号の延長や赤信号の短縮を路側装置に要求。車群走行時には、最後尾車両から青延長の要求を発信することで、赤信号により車群が分断されるリスクを低減する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BluEarth-GT AE51
  • ファルケン ワイルドピークA/T トレイル 01A
  • スズキ・アクロス
  • マツダ ロードスター トヨタ 86
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV