BMW X7に「M」はいらない…600馬力オーバーのアルピナ XB7 がニュル激走

アルピナ XB7 スクープ写真
アルピナ XB7 スクープ写真全 17 枚写真をすべて見る

BMW車をベースとしたチューニングカーを手がける自動車メーカー「アルピナ」の最新SUV『XB7』と思われるプロトタイプを初めて捉えた。

現在アルピナは、BMW『X7』をベースとした2つのモデルを開発している。1台は最高出力450ps程度を発揮する、3.0リットル直列6気筒クワッドターボディーゼル搭載の『XD7』。もう1台は最高出力600ps以上、最大トルク800Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載するXB7だ。このうち、XD7については開発車両を2018年11月にスクープしている。

今回捉えたプロトタイプは、琥珀色のサイドマーカーから判断して米国仕様と思われるため、ディーゼルではなくガソリン仕様のXB7の可能性が高い。カモフラージュが軽くなっており、フロントスプリッターが確認できるほか、22インチと思われるマルチスポークホイール、巨大なブレーキなどアルピナらしいエクステリアが見てとれる。

キャビン内は撮影できなかったが、ニュルブルクリンクでの試乗会に招待された顧客によると、高級レザー、専用トリムカラー、ホイールオプションなど、内外装のオーダーメイドの予約も可能だという。

アルピナXB7のワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショーだが、2020年以降の可能性もある。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/07/325278.html/article/2019/08/07/325277.html/article/2019/08/07/325279.html